飲み会で上司が注意したい部下に対する接し方

飲み会は好きな人にとっては魅力的ですが、そうでない人には付き合いに過ぎず、仕方なく参加するものだといえます。

このように、どういった気持ちで参加するかによっても飲み会が楽しいもの、楽しくないものに分かれるので注意が必要です。

お酒に強くなく、飲み会に乗り気でない部下を上司が誘う場合は、強引にならないように気をつけたいところです。

また部下が参加する時は上司がフォローして、部下の負担を減らすことも大切です。

飲み会はいわゆる飲みニケーションの場ですが、飲みニケーションの基本はコミュニケーションですから、上司が部下に対し一方的な接し方にならないように注意です。

部下の本音を聞いたり、信頼関係を築きたいのであれば、上司は目線を下げてコミュニケーションを図ることに徹したいものです。